「ほっ」と。キャンペーン

Mac miniの車載キット完成までの過程を紹介


by minidock
minidockはMac miniを車載するためのキットです。取り外しが自由に行えるので、自宅と車とでMac miniを兼用出来ます。




<< インデックス >>
Mac miniを車に乗せたいのは私だけ?
とにかく車に積んでみよう
ネットサーフィン?
GPSナビ?
これが本命ミュージックサーバ
ナイトライダーKITT完成
優れものコントローラ
クラシックカーにmini
ベータ版完成
ついに完成!
第2弾完成!
ナビはどうする?
Tigerに対応
空調対応しました
Mac Fanに掲載
ノイズ対策
ノイズ対策その2
公式サイト公開
暑いですねえ…大丈夫?
実用的ナビゲーション
MacPeopleに掲載
ナビ説明の訂正
iTunesを無線制御
ナビ最新情報
USB機器の再配置
全世界のAppleサイトで
[PR]
# by minidock | 2006-06-01 14:30 | ・総合

全世界のAppleサイトで

ご無沙汰です。私死んでたと思ってたでしょ。(笑)

Intel Mac mini発売されましたねえ。まだ手元にないですが、案外簡単に入手できそうです。形状変更もほとんどなく、背面のコネクタだけの変更のようですね。こちらとしては助かります。近いうちにIntel版も着手します。ただ現実的には、今もっているPowerPCを車用におさがりさせて、Intelをデスクワークにってニーズが多くないでしょうか?私だけ?

今回の発売に合わせて全世界のAppleサイトのトップページがMac mini or iPodにリニューアルされました。Mac miniのページを開くと右下方に「Big Ideas」というコーナーがあり、なんとそこにウチ(minidock.jp)がリンクされているではないですか!光栄ですが、リンク承諾確認なしかよ!(笑)

ちょうど、英語サイト(minidock.jp/en/)のヘタな英訳もリフレッシュしたところなのでタイミングよかったです。(汗)

Apple Computer BANZAI !!
[PR]
# by minidock | 2006-03-08 11:33 | ・全世界のAppleサイトで



以前「iTunesを無線制御」で紹介した、Keyspan社のExpress Remoteですが、もうすっかり日常生活に定着して手放せないものになりました。ただ1つ問題があります。時折無反応状態に陥るのです。リモコンでボタンを押すと、受光部は反応しているのですが、MacOSに反応がありません。そしてUSBハブに接続されているケーブルを抜き差しすると正常動作に復帰します。

Tigerに対応していないのか?いろいろ考えながら輸入販売元に問い合わせすると「故障の可能性が大きいので送り返してください」とのこと。それを受けて別の新品のものと交換してみました。…結果変わりなし。

次にUSBハブおよびUSBケーブルの交換。…変わりなし。Macをデスクトップ環境に移し確認。…正常動作!

なんなんだ!?車内環境とデスクトップ環境との違いを、しばし思考。
なるほど…。

Mac miniには2つのUSBポートがあります。1つはタッチパネルに、もう1つはUSBハブでその先のUSBハブとUSB出力アンプに分岐しています。Express Remoteは「その先のUSBハブ」に刺さっています。1つのUSBハブにExpress RemoteとUSB出力アンプが同居しています。これか?

USB機器の再配置を行ないました。1つ目のUSBポートにはUSB出力アンプのみを、もう1つには前回同様USBハブを、その先にUSBハブとタッチパネルを配置しました。動作チェックした結果、思惑通り正常動作が実現しました。

USB機器ってずるずるに繋いでいれば良いとも限らないのですね。勉強になりました。一押しのExpress Remoteなので、これで自信をもって人に薦めることが出来ます。


ブログの更新頻度、極端に落ちてます。言い訳ですが、水面下でminidock.jpのリニューアルを進めています。10月上旬の公開を予定しています。

[PR]
# by minidock | 2005-09-28 09:21 | ・USB機器の再配置

ナビ最新情報

前々から軽く触れるだけで一向に追加情報のなかったGPS関連情報ですが、昨日の台風で商売あがったりだったので、自宅でコツコツと情報整理しました。Globalsat社のものなのですが、以前紹介したアウトドア用GPSレシーバを利用するパターンからいうと格段の利便性向上が図れました。



詳細はminidockの新GPSページでご確認ください。

[PR]
# by minidock | 2005-09-07 09:54 | ・ナビ最新情報

iTunesを無線制御

もうすっかり私のカーAVになった感のあるmnidockですが、運転中の操作となると問題があります。本来のカーオーディオなら操作しやすいインターフェイスになっているので運転中でも手探りでやって出来ないことはありません。対してiTunesのプレイリストや曲を切り替えるのにタッチパネル操作では危なっかしくて事故の元です。プレイリストを切り替えるのにいちいち停車するのも億劫です。

そこで登場するのがKeyspan社のExpress Remoteです。(minidock.jpでも販売しています)
これはMacやWindowsのアプリケーションなどを赤外線でコントロールする製品。写真でもわかるように多くのボタンが備わっており全てに違うアクションを割り当てることが可能なのです。




iTunes用の設定がプリセットされているのですが、ものぐさの私は更に私仕様に仕立ててみました。まず「Finder」でMenuボタンを押すとiTunesが起動するよう設定しました。車に乗車したらまずiTunesを起動するのが日常大半です。いちいち慎重にタッチパネル操作でDockの中のiTunesを起動するのはストレスがありました。

次にiTunes自体の操作ですが、前述のプリセットで大半問題ないのですが、上下ボタンをキーボードの上下キーに、MenuボタンをTabキーに、SELECTボタンを左ダブルクリックに各々追加設定しました。これでなにが出来るかというと、iTunes画面左のプレイリスト一覧、右の曲一覧の選択をMenuボタンで切り替え上下ボタンで任意のプレイリスト、曲を選択します。選択した後はSELECTボタンで再生です。これでものぐさ太郎のニーズはほぼ満たされました。

赤外線受信部は運転席左脇に忍べました。(十分目立つって?)




少し前にアナウンスしましたが、ユーザインターフェイスを向上させた新minidock、来週にはお目見え出来るかも?!

[PR]
# by minidock | 2005-08-26 19:22 | ・iTunesを無線制御

ナビ説明の訂正


「実用的ナビゲーション」の巻で紹介したアルプス社のプロアトラスX2ですが、説明に不備がありましたので訂正いたします。

<<引用>>
ただ、ここで扱う「GPSナビゲーション」のウィンドウは表示しっぱなしにしておく必要があるらしく、かつ最小化もできないので邪魔にならない場所に避けておく必要があるようです。(メーカの方、間違ってたらご指摘ください。)

と説明しましたが、下記手順でちゃんとアイコン化できることをアルプス社のS様にご指摘いただきました。

プロアトラスX2でGPSオプションを選択した状態です。GPSウィンドウ左下に見える「□」マークをクリックします。


拡大



するとアイコン化されます。


拡大




S様ありがとうございました。

[PR]
# by minidock | 2005-08-05 13:37 | ・ナビ説明の訂正
先月のMac Fanに続き、MacPeople 9月号 (P130)にminidockのことを取り上げていただきました。私の伝えたいことを正確に伝えていただきましたアスキーのT様にこの場を借りてお礼申し上げます。



Mac mini、マイナーチェンジしましたね。筐体に変更なくほっとしています。Intel miniまではこの筐体でいきますかね。一方minidockは現在マイナーチェンジしたものを製作中です。レールにてmini本体を誘導する機構を採用して利便性の向上を図ります。完成後このブログでも紹介します。

[PR]
# by minidock | 2005-08-03 12:13 | ・MacPeopleに掲載

7月にアルプス社からプロアトラスX2が発売されました。注目すべきはGPS機能標準搭載だということ。minidockサイトでもプロアトラスXとフリーウェアのGPSeとの連携でGPSの実装紹介をしていますが、起動(準備)にかなり煩わしい手順を要します。紹介しといてなんですが、お世辞にも万人受けするものではありません。minidockは「Macが好きな普通の人(メカ音痴)にも使ってもらえるもの」を目指していますので、より簡単便利になることには私も敏感に反応します。…ってことで今回試してみました。

オプションメニューから「GPSナビゲーション」を選択。



ポートで適切なGPSレシーバのものを選択。

<p>

これだけで位置情報を検出して、地図に反映されました。前述のプロアトラスXの難解パターンを経験した私としては感動ものです。ただ、ここで扱う「GPSナビゲーション」のウィンドウは表示しっぱなしにしておく必要があるらしく、かつ最小化もできないので邪魔にならない場所に避けておく必要があるようです。(メーカの方、間違ってたらご指摘ください。)



また今回は、別途USB接続のコンパクトなGPSレシーバを試用してみました。前述のパターンではアウトドア用のかなり大きなGPSレシーバを使い、またシリアル-USB変換アダプタを介してminiに接続するなど面倒でコスト的にみても高くついていたのですが、これでかなり手軽に実現できそうです。近日中にminidock.jpでも紹介しますので、しばらくお待ちください。



今回は、とりあえず動いたことの報告をしましたが、プロアトラスX2には実用的な機能が多く搭載されているようなので、minidock的にどう有用なのか、おってレポートしたいと思います。

[PR]
# by minidock | 2005-07-20 19:07 | ・実用的ナビゲーション

暑いですねえ…大丈夫?

暑い日が続いていますが、みなさん夏バテなんかしてませんか?
四国じゃ連日のように気温が35度ぐらいまで上がっています。
中途半端に梅雨空でムシムシする割には雨が降らず、ダムの貯水量が7月中頃には0%になるって騒いでいるし、ほんと、どないせえっちゅうの!って感じです。
そんなこんなで、気になるのが車内で頑張ってくれているminiです。
車を駐車場に数時間放置していると、車内はいい感じのサウナ状態です。
そんな中物言わぬminiは大丈夫なのか?
TemperatureMonitorというハードディスクの温度をモニタするフリーウェアを試してみました。

まずは通常使用時にはどのような温度の変化があるのか。事務所内にminiをセッティングして確認してみました。

miniを立ち上げてすぐに確認したショットです。31度です。



続いて車内と同じようにiTunesを動作し続け、30分後、37度です。これ以降は何時間放置していても温度上昇は確認できませんでした。



続いては車内にminiをセッティングし直して確認です。

あえて一晩minidockにminiをセットままにし、朝立ち上げした直後のショットです。26度です。室内で立ち上げ直後に31度だったのは直前の使用時からあまり時間が経っていなく冷え切っていなかったものと思われます。



そして1時間後。47度までは上がりました。これがピークでそれ以上の温度上昇は見られませんでした。



参考までに上記ピーク状態の後、車を駐車し1時間程度経過した後に確認したショットです。36度です。



今回撮影のために確認したのは朝のまだ少し涼しい時間帯ですが、日中気温の高い時間帯で、更にminiに直射日光が差し込むような状況でも47度の線を越えることはありませんでした。



ピークの47度がいい悪いは一概に言えませんが、少なくとも既に一ヶ月程度minidock内に居座っている私のminiが問題なく動作していることは事実です。(あまり薦められた使用方法ではありませんが…)
[PR]
# by minidock | 2005-07-01 10:37 | ・暑いですねえ…大丈夫?

公式サイト公開

このminidockプロジェクトですが、みなさんの応援やご指摘をいただきながら、いよいよ公式サイトを公開する運びとなりました。
本気で導入をご検討の方は是非チェックしてください。
まだ都合で未完成な箇所もありますが、これからこのブログとともに内容を充実させていくつもりです。

またこのサイト、Mac Fan (P230) にも紹介されていますのであわせてご覧ください。

[PR]
# by minidock | 2005-06-29 11:08 | ・公式サイト公開