Mac miniの車載キット完成までの過程を紹介


by minidock

カテゴリ:・クラシックカーにmini( 1 )

今日は日和が最高です。花見にでも出て行きたい気分。
オープンカーには一番良い季節です。歩いていると感じないのですが風を受けるとまだ意外と冷たい。影になっている道を通るとその感触が更に増してきます。そう、バイク乗りの人には理解出来る感覚ですね。この暖かいのに軽めのダウンを手に家を出るときはさすがに人目が気になります。
今日は会社に愛車のロータスセブンで出勤です。この車1年に何回稼動させているであろうか?ガレージを明けると散歩を待ち焦がれていた犬のごとく「早く出せ!」と訴えかけているようです。
これにminiを据えるとどんな絵になるのだろう?ばかな好奇心で写真を撮りました。別にコメントは必要ありません。今回は自分だけ楽しめたらよいのです。

こういった吊り下げ式は車によってはありだと思いました。




ばかな主人に付き合わされてお疲れ様。はいチーズ!



普段は一切使うことのないMacに何故ここまで執着するのか、私自身理解できないところがあったのですが先日Apple社のサイトを見ていて理由がわかりました。
アップルジャパンの設立日1983年6月21日、私の設立日1968年6月21日、同じ誕生日でした。15歳、尾崎豊の曲をギターで弾いて顔をゆがめて歌っていたころ日本でアップルの歴史が始まったのでした。

次回はいよいよキット試作品の紹介が出来そうです。

[PR]
by minidock | 2005-04-06 15:42 | ・クラシックカーにmini