Mac miniの車載キット完成までの過程を紹介


by minidock

<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005年4月に発売されたMac OSX 10.4、通称Tiger。現時点でMac miniはまだインストール出荷されてはいません。が、聞くところによると、Panther(旧OS)と別にTigerへのアップグレードディスクがついてくるとか…。またTigerの新しいグラフィック(表示)機能が現行miniでは完全対応していないということ。総じて経過的な時期であるということですが、いつかは必ずやってくることは間違いない。ならminidockとしても無視は出来ないですね。…ということで動作確認してみました。今回は肝心のタッチパネル機能だけの動作確認をしてみました。OK!動作しました。多分大丈夫だろうとは思っていましたが、タッチ出来たときは胸をなでおろしました。他の周辺機器はどうあれタッチパネルが動かないことになると商品価値にかかわりますからね。

新機能ダッシュボードを動作させてみました。



車載Macとしてどんな有益な機能があるのかは未知数です。今後深く触っていく中で発見があればレポートしていきます。個人的にはAutomatorなんかに可能性を感じるのだが…。
[PR]
by minidock | 2005-05-26 09:06 | ・Tigerに対応

ナビはどうするよ?

ひとまず動作するに至ったボイジャー号のminiですが、HDD付ナビの機能をほぼ満たすために、やはりナビの実現は避けられないポイントです。私自身、都会によく行くのですがほとんど電車かバス利用で、ほとんど道を知りません。情けないことに、ナビ機能は私にとって死活問題なのです。以前の投稿でも取り上げましたアウトドア用のGPSレシーバを応用したMac版GPSも選択肢のひとつですが、道路音痴の私としては手厚いナビ機能が欲しいとtころです。ということで今回はアゼストのHDDナビを採用することにしました。ナビ機能だけをminiから切り出し低価格専用機で実現するということです。もちろんモニタはminiと併用です。

写真はminidockの上にナビを据えたところ。お互いDINサイズに設計されているので、当然なんですがジャストフィットしています。




モニタ側の切り替えでmini、ナビは切り替えれます。感覚は家庭用テレビのビデオ1、ビデオ2といった具合です。






これで、後部座席の子供達にはDVDアニメを鑑賞させながら、運転席ではナビ機能を利用できます。



今回、モニタのスピーカ機能を使って、ナビ音声の出力を試みましたが若干ノイズを拾うので、小型の専用スピーカを見えないところに据えることにしました。

ところで、このminidockってTigerでキチンと動作するのかしら…?
[PR]
by minidock | 2005-05-25 17:28 | ・ナビはどうする?
約束のGW明けも大幅にオーバランしての投稿です。(汗)
念願のグランドボイジャーへの車載です。これから私のカーライフが変わります(ワクワク)。…と、うかれてばかりではなくきっちりレポートもしますね。写真をみての通りこの今年型のグランドボイジャーは床下収納スペースがあります。これはセカンドシートを収納するためのスペースです。調達したデコデコがN氏側の提案で電力量にかなり余裕を持ったもので巨大だったのでしかたなくこのスペースを明け渡すことにしました。


主役のminiはセカンドシート下に収納です。minidockキット本体、サンワサプライのモニタ分配器を据えています。キット本体は現在、前述したように下部にmini挿入スペース、上部にアンプ等周辺機器用のスペースをとっています。mini本体が底面からの吸気なので、床にベタ置きになった場合その吸気を阻害しないかと危惧して、上下の配置を逆にするようU氏にお願いしています。それまでこの状態でどの程度熱を持つか運用テストしてみようと考えています。





サードシートも意識してヘッドレストに同じモニタを据えています。様になりましたね。



FMトランスミッタはダッシュの裏に忍ばせています。思ったよりノイズを発します。アーシング等日を改めて改善策を講じることになりました。
予告したDVDナビとの併用の点は、部材の調達が間に合わず、週明けのレポートになりそうです。
N氏、本当にご苦労様でした。
[PR]
by minidock | 2005-05-13 17:15 | ・第2弾完成!