Mac miniの車載キット完成までの過程を紹介


by minidock

<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


7月にアルプス社からプロアトラスX2が発売されました。注目すべきはGPS機能標準搭載だということ。minidockサイトでもプロアトラスXとフリーウェアのGPSeとの連携でGPSの実装紹介をしていますが、起動(準備)にかなり煩わしい手順を要します。紹介しといてなんですが、お世辞にも万人受けするものではありません。minidockは「Macが好きな普通の人(メカ音痴)にも使ってもらえるもの」を目指していますので、より簡単便利になることには私も敏感に反応します。…ってことで今回試してみました。

オプションメニューから「GPSナビゲーション」を選択。



ポートで適切なGPSレシーバのものを選択。

<p>

これだけで位置情報を検出して、地図に反映されました。前述のプロアトラスXの難解パターンを経験した私としては感動ものです。ただ、ここで扱う「GPSナビゲーション」のウィンドウは表示しっぱなしにしておく必要があるらしく、かつ最小化もできないので邪魔にならない場所に避けておく必要があるようです。(メーカの方、間違ってたらご指摘ください。)



また今回は、別途USB接続のコンパクトなGPSレシーバを試用してみました。前述のパターンではアウトドア用のかなり大きなGPSレシーバを使い、またシリアル-USB変換アダプタを介してminiに接続するなど面倒でコスト的にみても高くついていたのですが、これでかなり手軽に実現できそうです。近日中にminidock.jpでも紹介しますので、しばらくお待ちください。



今回は、とりあえず動いたことの報告をしましたが、プロアトラスX2には実用的な機能が多く搭載されているようなので、minidock的にどう有用なのか、おってレポートしたいと思います。

[PR]
by minidock | 2005-07-20 19:07 | ・実用的ナビゲーション

暑いですねえ…大丈夫?

暑い日が続いていますが、みなさん夏バテなんかしてませんか?
四国じゃ連日のように気温が35度ぐらいまで上がっています。
中途半端に梅雨空でムシムシする割には雨が降らず、ダムの貯水量が7月中頃には0%になるって騒いでいるし、ほんと、どないせえっちゅうの!って感じです。
そんなこんなで、気になるのが車内で頑張ってくれているminiです。
車を駐車場に数時間放置していると、車内はいい感じのサウナ状態です。
そんな中物言わぬminiは大丈夫なのか?
TemperatureMonitorというハードディスクの温度をモニタするフリーウェアを試してみました。

まずは通常使用時にはどのような温度の変化があるのか。事務所内にminiをセッティングして確認してみました。

miniを立ち上げてすぐに確認したショットです。31度です。



続いて車内と同じようにiTunesを動作し続け、30分後、37度です。これ以降は何時間放置していても温度上昇は確認できませんでした。



続いては車内にminiをセッティングし直して確認です。

あえて一晩minidockにminiをセットままにし、朝立ち上げした直後のショットです。26度です。室内で立ち上げ直後に31度だったのは直前の使用時からあまり時間が経っていなく冷え切っていなかったものと思われます。



そして1時間後。47度までは上がりました。これがピークでそれ以上の温度上昇は見られませんでした。



参考までに上記ピーク状態の後、車を駐車し1時間程度経過した後に確認したショットです。36度です。



今回撮影のために確認したのは朝のまだ少し涼しい時間帯ですが、日中気温の高い時間帯で、更にminiに直射日光が差し込むような状況でも47度の線を越えることはありませんでした。



ピークの47度がいい悪いは一概に言えませんが、少なくとも既に一ヶ月程度minidock内に居座っている私のminiが問題なく動作していることは事実です。(あまり薦められた使用方法ではありませんが…)
[PR]
by minidock | 2005-07-01 10:37 | ・暑いですねえ…大丈夫?